投稿日:2021年5月6日

どうなってるの?架台製作の工程

こんにちは!
愛知県名古屋市港区に拠点を構え、県内で鉄骨加工、金物製作、階段製作、鉄骨工事および一般建設業(新築工事・リフォーム工事・外構工事など)を手掛ける株式会社岩見建設工業です。
設備が効率よく稼働できるかどうかは、架台の選び方や設置方法で左右されるといわれています。
岩見建設工業の自社工場では、設備架台の製作も承っております。
今回は、「架台製作の工程」についてご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

架台とは?


空調機やキュービクル、分電盤、制御盤、サーバーなどの設備機器を設置するために用いられる台を架台といいます。
設備機器を支えるため、「設備架台」と呼ばれることもあります。
架台は、設備機器を支えるだけのものとしてのイメージが強いかもしれません。
しかし屋外でも使用されるため、架台には、高強度で安全性に優れていることや耐食性・耐候性などの機能面も求められます。
また、設備の用途によっては、地震などの災害時でも簡単に壊れないように設計する必要があるなど、建物とほぼ同程度の設計が要求される場合があります。

架台製作の工程

材料の手配

架台の高さや長さなどの要件に応じて、材料を調達します。
アルミニウム製、ステンレス製、スチール製など、どのような素材を用いて架台を製作するのかによって、調達する材料は異なります。

切断

レーザー切断機やシャーリング、タップ、タレパン、カッターやソーといったアルミ切断機を使用して、材料を高速・高精度に切断します。
切断は、その後の工程はもちろん、最終的な製品の仕上がりや精度にも大きく影響する重要な加工工程です。
特に、アルミニウム製の場合には、バリや反りが発生しやすいため、高精度な切断が求められます。

バリ取り

バリとは、加工の際に加工部のふちにできてしまう残留物のことをいいます。
バリの発生そのものをなくすことは、材料や加工方法によっては困難です。
そのため、バリ取りと呼ばれる生産過程で生じた出っ張りやギザギザなどを取り除く作業によって除去します。

溶接

MAG溶接やTIG溶接といった一般的なシールドガスアーク溶接だけでなく、スポット溶接やレーザー溶接、抵抗溶接などあらゆる加工法を駆使して材料を溶接します。
アルミニウム製の場合には、比較的低温で溶着可能なろう付けが用いられることもあります。
溶接加工は機械化が進んでいます。
しかし、アルミ溶接においては、職人の経験と技術が最後の仕上がりを左右するといえます。
アルミは、溶融点が低いため、溶接するうちにどうしても歪みが発生してしまいます。
また、厚みや強度なども注意すべきポイントです。

株式会社岩見建設工業にお任せください


株式会社岩見建設工業では、新規お取引を受け付け中です。
鉄骨建て方工事、各種金物製作、内装リフォームや外構工事でお困りごとはございませんか?
株式会社岩見建設工業では、自社工場で、鉄骨の設計から製作・取り付けまで一貫対応しております。
設備架台・テーブル・ラック・手すりなど、さまざまな鉄製品の製作にも対応が可能です。
迅速で安全・確実な鉄骨工事は、株式会社岩見建設工業にお任せください!
まずはお問い合わせください。
たくさんのご連絡をお待ちしております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

愛知県名古屋市港区の株式会社岩見建設工業|鉄骨工事・リフォーム
株式会社岩見建設工業
〒455-0806 愛知県名古屋市港区明正2丁目122
TEL:052-387-6513 FAX:052-387-6514
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・HP商材・WEB商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする
   


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社岩見建設工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけ …

螺旋階段メッキ仕様完成

螺旋階段メッキ仕様完成

鉄骨螺旋階段メッキ仕様(2節)現場組み立て完了 …

倉庫鉄骨梁製作中

倉庫鉄骨梁製作中

#鉄骨溶接中 昨年末から製作してきた鉄骨です …

お問い合わせ  施工実績